トップページ 購入方法 新築住宅 中古住宅

ピックアップ

購入方法

空気が綺麗

不動産業者が戸建て住宅の分譲をするためには、用地の取得が不可欠であって、まとまった土地の売却情報を入手することが重要になります。
平成27年の相続税の基礎控除の減少による事実上の増税によって、相続税の納税のために土地を手放す人が増加することが確実視されています。
相続が発生してから土地を売却したり物納したりすることも可能ではありますが、相続税は相続の発生から10ケ月以内に納付しなければなりませんので時間がありません。
そのため、相続税をすぐに納付できるように土地を現金化する動きが増加しているのです。
地主が土地を処分する情報を少しでも早く手に入れることが、戸建て住宅を建設して分譲する不動産業者には重要です。

戸建て住宅を購入する個人にとっては、建設費が上昇していることは住宅価格の上昇に直結しますので、好ましいことではありませんが、一方で住宅ローン金利は市場最低を更新していますので、借入をするには最適な金融環境になっています。
東京でオリンピックが開催されることが決定して以降は、インフラの整備や競技施設の建設が行われることから、建設費は上昇しています。
また、円安の進行によって輸入建築資材の価格も高くなっています。
ただし、金融緩和政策によって、金利は低下を続けており、更には多くの銀行が住宅ローンの増強に力を入れていることもあって、ローンの金利は過去にない低水準になっています。
借入をして自宅を購入する人には恵まれた金利情勢です。