トップページ 購入方法 新築住宅 中古住宅

ピックアップ

新築住宅

3階建て

殆どの日本人にとって人生最大の買い物は、「住宅」である。住宅には、一戸建てから、マンションの様な集合住宅、長屋など様々な形態がある。
それぞれの形態において、購入時に注意すべきポイントは異なるが、ここでは戸建て住宅について確認してみる。まず一番大事なことは、「取引相手」である。
ここでは、ハウスメーカー、建設会社等がその取引相手となる。CMで見るような有名企業であれば、ある程度の信頼性はあるが、一生の買い物をするからには、「ある程度」では不安である。
しっかり自分で確認、納得した上で購入すべきである。では、どこをどう確認したらよいのか。
1.口コミ評価を確認する。商品の品質・信頼性だけでなく、お客様を大事にしているか、まで分かるのである。
お客様対応をしっかり行う会社であれば、多少の失敗があっても口コミで酷く書かれることは少ないのである。2.経営状態。
過去数年の実績(売上、利益)など。ある程度大きな会社であれば、ホームページなどで確認できる。
3.施工力、提案力、設計力自社の得意なやり方でしか設定・提案・施工できないような会社では、結局こちらが思うような住宅には仕上がらない様なことが発生する。

取引相手を見極めることが一番大事なことであるのは上記の通りである。
しかし、それ以外にも注意すべきポイントがいくつかある。
「場所」も大事なポイントの一つだ。
「コンビニに近い」「子供の学校に近い」など日常生活を意識した位置関係はすぐに思いつく。
それは大事なことではあるが、「非日常」のことも考えるべきである。
例えば、川の近くであれば、増水時の浸水被害の危険性、山の麓近くでは、土砂崩れの危険性、埋め立て地であれば、地震発生時の地盤沈下・液状化現象など、様々なリスクが考えられる。
完全に安全な土地など、世界中探しても見つけることはできないが、これらを意識した土地選び、そして後に保険で備えることも重要である。
他には、後の転売を意識するなら、不動産価値を考慮したデザイン・工法、近隣の人間関係なども大事なポイントとなる。